Section Information 部門紹介

部門紹介

患者さま・ご家族ひとりひとりを想って
ひとりひとりに合わせたケアを
当院は療養型病院であり、医療依存度のある高齢者の長期療養を目的とした病院です。
患者さんの尊厳を大切に、その人らしく穏やかに療養生活を送ることが出来る様、また、ご家族にも
安心していただける様、看護部・他職種が連携し、日々質の高いケアを心掛けております。
 

看護部

  • 仕事のやりがい

    めざすこと

    当院は療養型病院であり、障害を残された医療依存度の高い高齢者の入院診療をしています。だからこそ患者さんの尊厳を大切に、その人らしく穏やかに療養生活を送ることができるよう、またご家族の方にも安心していただけるよう、専門職としての資質を高め、看護サービスの質の向上が図れるよう日々努力をしています。

  • 仕事のやりがい

    やりがい

    急性期とは違い、患者さん一人ひとりに時間をかけてケアできることは、自分にとってもプラスになります。人としての成長を実感できることが何よりのやりがいだと感じています。

  • 仕事のやりがい

    教育体制

    看護師については、法人内共通のきつこう会看護部ラダーを導入しています。
    また、認定看護師の資格取得を目指す方の支援として「きつこう会院内認定コース」も開催しており、受講修了者が数名います。
    現在、認知症看護認定看護師1名と特定行為看護師2名が在籍しています。
    看護補助者については、「ナースエイド」レベル別教育プログラムがあり、それに則り教育・指導をしています。
    看護スタッフ個人のスキルアップは多根第二病院のケアのスキルアップでもあると考えていますので、多くの学びができるように多方面からの支援をおこなっています。

  • 仕事のやりがい

    看護方式

    看護方式は固定チームナーシングです。1つの病棟に所属する看護職員とナースエイドが2つのチームに分かれて、各々のチームで一定期間固定して患者さんを受持ち担当しています。


リハビリテーション科

  • リハビリテーション科

    リハビリテーション科

    リハビリテーション科では、脳卒中や骨折など病気やケガ、手術によって心身機能が低下した方に対して、心身機能の維持・改善、日常生活動作の維持・改善に向け、理学療法士、作業療法士が患者様に応じたリハビリを行っています。
    病室内でのリハビリは、生活の質が向上するように積極的な離床を促すことや、安静が必要な方には病棟と連携して褥瘡や関節拘縮の進行予防のためにポジショニングなども行っています。
    また、リハビリ室では歩行訓練や機器を用いた訓練を実施し、日常生活動作の改善を図り、在宅復帰に向けた支援を行っています。


栄養科

  • 栄養科

    栄養科

    栄養科では、普通食だけでなく糖尿病などの病態や、飲み込みが困難な方にも対応した食事を提供しています。
    飲み込みが困難の方の食事は、きざみ食・ペースト食・ゼリー食がありますので、状態に応じて柔軟に対応することができます。
    また、温冷配膳車を導入し適切な温度で食事を提供しています。旬の食材を使用し季節を感じられる献立を心がけ、月に数回行事食を提供し食事を楽しんでいただけるように努めています。

医療と介護のバランスが変化しても施設を移ることなく
療養と介護を受けていただくことができます。
page top