Greeting ご挨拶

病院長ご挨拶

 

院長あいさつ

多根第二病院は、昭和61年8月に港区南市岡で開設された療養型病院です。
大阪市西部ブロックで急性期医療の一翼を担う多根総合病院の後方支援病院としての役割を果たしてまいりました。
そして21世紀の超高齢社会を前にした平成21年3月に、より高度で多様な医療・介護ニーズに対応できるようにと、 現在の大阪市港区築港に介護老人保健施設てんぼざん(7階・8階)を併設した慢性期療養病床(216床)、計316床を開設いたしました。
患者様・ご家族様が、安心して安全、安楽に長期療養していただけますことを目標に日々取り組んでおります。
また、地域の連携病院様にも信頼される病院を目指し、職員一同が力を合わせてチーム医療に取り組んでまいります。
もとより微力ではございますが、患者様、ご家族様の想いを大切に、「最良の医療と介護」を受ける権利が損なわれないように、 地域医療の発展に精進いたしますので、今後ともご指導・ご鞭撻賜りますよう何卒よろしくお願い申し上げます。

令和元年4月
多根第二病院院長 安部 嘉男

   

看護部長あいさつ

Message from the Nurse manager

「この病院を選んでよかった」と思える、
そんな看護・介護の提供を目指しています。

私たちは、患者さんやご家族の方に「この病院を選んでよかった」と思っていただけるように、「その人らしさを支える」看護・介護の提供を一人ひとりが実践できることを目指しています。
そのために必要な看護職・介護職の質の向上にも力を入れ、さまざまな教育体制の支援を行っています。慢性期の療養型病院だからこそできる看護・介護の実践をこれからも実行し、働くスタッフからも「この病院を選んでよかった」と思える、そんな職場つくりにも力を入れていきます。

看護部長あいさつ
   
page top